[アマ研]6/18開催分 成績表 掲載

2019.06.18

6月18日、中部アマゴルフ研修会競技成績表を掲載しました。


2019年度(第2回)中部アマゴルフ研修会競技

開催日/2019年6月18日(火)

会場/四日市カンツリー倶楽部
一般の部/7305yd、Par72 参加者105名(内欠場9名)
シニアの部/6505yd、Par72 参加者51名(内欠場3名)

天候/晴れ

 

一般の部成績表はこちらから(PDF)

 

シニアの部成績表はこちらから(PDF)

 

第2回の中部アマゴルフ研修競技会が、四日市カンツリー倶楽部で開催された。

恒例のルール講習会は、鈴木文男CGA規則委員が担当した。

◆成績◆

<シニアの部>

1位
加藤浩選手(岐阜稲口GC) 71=36、35
「もう最高、久々のアンダーでした。コースコンディションも良く、ここでアンダーで回れたことが自身になった」。

2位
大橋健一選手(富士C可児C) 73=37、36
「ショットが良かった。短いパットを何度か外したが、全体にいいゴルフができました」。

3位
荒木和之選手(わかさCC) 74=37、37  
「調子はまあまあでした。長いパットは入ったが、ここぞという短いパットを外したのが残念。ショットもまずまず良かったです」。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<一般の部>

1位
杉浦成亮選手(あららぎCC) 73=36、37 
「18ホール中13ホールでパーオンができ、外したホールでもアプローチでカバーできた。今までここ四日市CCでは、85以下で回ったことがなく、本当に嬉しい」と初めての1位を喜んだ。

1位
榊原吉規選手(知多CC) 73=35、38 
「四日市CCでのベストスコアがでました。後半の3パット2回が悔やまれる。中部アマ本戦以来、ラウンドしていなかったので、上出来です」と振り返った榊原選手。その中部アマ本戦では思うようなスコアを出せず、日本アマを逃した。「日本アマにいきたかったー。今でも悔しいですね」。

3位
土岐明彦選手(富士C可児C) 74=39、35(写真右)
「全体にパターが良かった。久しぶりの3位で満足だが、最後のボギーだけが悔やまれる」。