[2012]H24年度 第2回 中部アマゴルフ研修競技(ポイント集計表掲載)

2012.06.27

第2回 中部アマゴルフ研修競技
開催日/平成24年6月27日(水)
会場/岐阜関カントリー倶楽部(東コース)
参加人数/135名
距離/7181ヤード PAR72
天候/曇り

スタート表・・・button_report_start

成績表・・・・・button_report_result

ポイント集計表・・・button point


66歳、春日井修選手(ニューキャピタル)が2アンダーで総合1位

kaizyo薄曇りの中、時折日差しが差し込むゴルフ日和、第2回中部アマゴルフ研修競技が岐阜県・岐阜関カントリー倶楽部(東コース)で開催されました。
会場の岐阜関CCは、来月11、12日に中部シニアゴルフ選手権競技、また10月には国体・成年男子、少年男子の部の舞台となっています。
競技は順調にすすみ、早いスタートの土岐明彦選手(愛岐)がイーブンパー72でホールアウト。それを上回る選手はなかなか現れませんでしたが、飯田耕正選手(ジャパンクラシック)が1アンダー71をマーク、続いて、春日井修選手が2アンダー70の好スコアでホールアウトしてきました。春日井選手は66歳、通算50勝を超える、中部のアマチュア界をけん引してきた大ベテランです。シニアが中部アマゴルフ研修競技の総合1位を獲得したのは2009年4月・平成21年度第1回(三好CCで開催)以来で、その時も春日井選手でした。

utida研修競技を終えた後、ルール講習会が行われました。今回、解説を担当したのは、CGA競技委員の内田淳二氏で、プレー中におきそうな問題と、そのルール解説をわかりやすく話されました。

次回、第3回中部アマゴルフ研修競技およびルール講習会は、8月22日(水)に石川県・片山津ゴルフ倶楽部にて開催されます。


[成績]
kasugai1位 春日井修選手(ニューキャピタル) 70=32、38
スタートホールの1番H(510Y  パー5)で第3打を2.5メートルにつけてバーディ発進。続く2番H(225Y パー3)も2.5メートルを沈めてバーディ、さらに5番H(173Y パー3)、7番H(560Y パー5)もバーディとして、前半をノーボギーの32で折り返した。後半は2バーディ4ボギーとし、2アンダー70でのホールアウトだった。「今日は本当に良かった。自分でもちょっと驚いた。(持病の)腰が痛くならなかったのが幸いしたね。先週は岐阜県アマでここに来たけど、その時、いい感触だったこともつながったのかな」とニコニコ。腰痛に悩まされ、プレーがなかなか思うようにならない最近だっただけに、本当に気持ち良くゴルフできたことを喜んでいた。大ベテラン、66歳のゴルフは、まだまだ健在!!


okuyama2位 奥山良信選手(芦原) 71=36、35
4バーディ3ボギーの内容に「ティーショットもアイアンもまずまず、パターもよく入ってくれました」。奥山選手は、アマ研に参加するようになって5年目、その間、1度だけ欠席したが、それ以外は皆勤している。



iida2位 飯田耕正選手(ジャパンクラシック) 71=34、37
「ピンチもそれほどなかったけど、チャンスホールできちん(バーディを)取れなかったですね。ティーショットをもう少し修正しておきたい」と語った飯田選手。来週は日本アマがある。「初めてのコースなんで、どうなるかは分からないけど、がんばってきますよ」。


sakai2位 酒井佳樹選手(ザ・トラディション) 71=34、37

~シニアの部~
1位 春日井修選手(ニューキャピタル) 70=32、38

morisita2位 森下孝光選手(山岡) 74=38、36



simada2位 島田崇選手(朱鷺の台) 74=37、37