[2013]第6回中部アマゴルフ研修競技(記事・ポイント集計表)

2013.03.15

平成24年度 第6回
中部アマゴルフ研修競技
開催日/2013年3月15日(金)
会 場/東名古屋カントリークラブ(西コース)
参加人数/128名
距離/7010ヤード PAR72
天候:快晴

スタート表・・・button_report_start

成績表・・・button_report_result

ポイント集計表(3月27日差換)・・・button point


平成24年度最終競技は、仁川稔朗選手が優勝

20130315amakenDSC03424 平成24年度最終となる第6回中部アマゴルフ研修会が、愛知県・東名古屋カントリークラブで開催されました。
研修競技のスタート時には冷え込んでいた空気も陽が高くなるにつれ、どんどんと気温も上昇。ゴルファーには汗ばむほどの天候になりました。
今回の成績ポイント次第で、中部アマ、中部ミッドアマ、中部シニア、中部シニアオープンの各競技の本戦推薦選手が決定されるだけに、とりわけ、ライン上の選手たちは真剣そのもの。1打の重みを感じながらのプレーでした。
研修競技の後は、鈴木文男競技委員長のあいさつ、そして、恒例のルール講習会が行われました。解説はCGA競技委員の大野義隆氏で、今回も具体的なさまざまな事例に対して、罰打はどうなるのかを、丁寧に話がなされました。
●来年度(平成25年度)第1回研修競技および総会は、2013年4月22日(月)に愛知県・三好カントリー倶楽部(西コース)にて開催されます。


第6回研修競技の成績は、次の通りです。
*順位はマッチングスコア方式により決定

1位  仁川稔朗選手(法仙坊) 74=37、37
20130315ninagawaDSC034522バーディ4ボギーの74。「グリーンが硬いから上からのパターは難しいとわかっていても、16番Hでは180ヤード打ち上げの第2打で奥に行っちゃって、ボギーにしました。でも、まあ、全体にはパターがよかった。ラインが出てましたから」と久しぶりの1位にニコニコ。実は、仁川選手は昨年の暮れに左足じん帯を痛め、今日もサポーターをつけたままのプレー。「内側に踏ん張れないんだけど、無理しないでいったから、怪我の功名かな」。


2位  山口公彦選手(伊勢) 74=36、38
20130316yamaguchiDSC03454
3位  三尾秀也選手(山岡) 75=38、37
20130315mioDSC03447


シニアの部>
1位  春日井修選手(ニューキャピタル) 75=36、39
2位  稲垣智久選手(岡崎) 79=40、39

20130315inagakikasugaiDSC03446「3パットが2回で済んだ。このコースなら、まずまずでしょう」とにこやかに振り返った春日井選手。シニアの部優勝だが、一般の部でもママッチングで敗れたもののスコアは堂々の3位タイの成績だった。今年度は第2回研修競技(岐阜関CCで開催)で総合優勝、第4回研修競技で優勝した稲垣智久選手(岡崎)とともに、シニア健在をアピールした。
「でもね、休んだ回もあったから、ポイントが足りない。中部アマのシードは無理だね」とちょっぴり残念そうだった。


3位  長尾福治郎選手(日本ライン) 80=40、40
20130315nagaoDSC03457