[2016]10/3中部アマ研修競技(ポイント集計表・記事) 掲載

2016.10.07

平成28年度(第4回)中部アマゴルフ研修会競技 成績表、記事を掲載しました。

10月7日、ポイント集計表を下記に掲載しました。

—————————————————————-

平成28年度(第4回)中部アマゴルフ研修会競技
開催日/平成28年10月3日(月)
会 場/愛知カンツリー倶楽部
天候/曇時々雨

成績表・・・・・・・・・・・・button_report_result

ポイント集計表(10月11日差換え)・・・・・・button point

来週の中部ミッドアマ会場で開催。
優勝は3アンダー、大場俊介選手(浜松)

DSC00703

第4回の中部アマゴルフ研修競技が、愛知県・愛知カンツリー倶楽部で開催されました。愛知CCでは来週10月13日(木)14日(金)に中部ミッドアマチュアゴルフ選手権競技が開催されるため、選手にとってはコース視察も兼ねた研修競技でした。

午前7時にティーオフした競技は順調に進み、午後2時40分には全員がホールアウト。一般の部は、3アンダー71で大場俊介選手(浜松)が優勝、シニアの部は1オーバー75で大山碩済選手(ライオンズ)が勝利した。

研修競技の後には、恒例のルール講習会が行われ、鈴木文男CGA規則委員がテストの解答と解説をしました。最後に、稲垣智久幹事長から、「今日のキャンセルは20人近くもありました。事情もあるでしょうが、会場コースにも迷惑のかかることだということを知ってほしい。ここに出席している方たちにお話ししてもとは思いますが・・・」と話がありました。

<成績>敬称略
一般の部、シニアの部ともに上位3位までに副賞が贈られました。(シニアはマッチングスコアカードにより順位を決定しました)

一般の部

優勝 大場俊介(浜松) 71=36、35
DSC00713 5バーディ2ボギーの内容に「今日は5メートルほどのパットが2、3回入ったし、ドライバーもショットもよくて、パーオンできなかったのがボギーの2ホールだけでした。出来過ぎでしたね」と大場選手。現在41歳。アマ研に入会して2年目の平成26年度は中部アマのシードがとれたが、今年はまだゼロポイントだけに、嬉しい優勝となった。

2位 酒井佳樹(ザ・トラディション) 72=37、35
DSC00698アウトで2つ、インで3つ、計5バーディを奪取。そのすべてが2メートル以内だった。「ドライバーはぶれてましたが、アイアンはよかったかな」。来週のミッドアマに繋がるね、と尋ねると、「いや、来週に取っておきたかったかなあ、アマチュアはわからないですからね」と笑顔で答えてくれた。

3位 神谷茂(岡崎) 73=35、38
DSC007168番でチップイン、11番では30センチにベタピンを含む3バーディを決めた。「全体にまあまあの出来。愛知カンツリーは好きなんですよ。相性がいいのか、いつもスコアがまとまってくれます(笑)」と神谷選手。

シニアの部

1位 大山碩済(ライオンズ) 75=37、38
DSC00711「このところ、ずっとショットが散ってたんで・・・・。今日は、ドライバーが枠の中にいました(笑)、2打目が打てるところに置けました」。

2位 近岡次男(ぎふ美濃) 77=39、38
DSC00720「ティーショットがよかったです。実はクラブを変えたら飛ぶようになったんですよね」とニコニコ。キャリーで260ヤードの飛距離を武器に、来週は中部シニアオープンと中部ミッドアマに出場する。

3位 荒木和之(わかさ) 77=38、39
DSC00724「バーディなしでした。パットがなかなか決まらなかった」と荒木選手は今ひとつという感じだった。「来週はエントリーしませんでした。再来週に行われる日本シニアで力を発揮したい」。

※ 次回、第5回の研修競技は、12月5日(月)に名古屋ゴルフ倶楽部にて開催予定。