Search cga.jp
HOME 加盟倶楽部 ハンディキャップ ジュニア会員 主催競技 CGAとは

中部ゴルフ連盟

競技情報

中部アンダーハンディキャップ本戦 成績表 記事 写真 掲載

10月27日、平成29年度(第19回)中部アンダーハンディキャップゴルフ競技 本戦成績表を掲載

----------------------------------------------------------------
平成29年度(第19回)中部アンダーハンディキャップゴルフ競技

開催日/平成29年10月27日(金)
会場/愛岐カントリークラブ(中・東コース)
男子/6419ヤード、Par72
女子/5645ヤード、Par72
参加人数/男子102名(うち欠場2名)
女子44名
天候/快晴

男子成績表

女子成績表

男子は寺岡俊昇選手、女子は小網つばめ選手。ともに石川県勢が優勝。


男女上位各8名が、JGA杯への出場権を獲得


DSCN0782久しぶりに朝から快晴に恵まれた岐阜県、愛岐カントリークラブで、今年の中部アンダーハンディキャップが開催された。7時にアウト・インからそれぞれにティーオフした時は8℃しかなかった気温も20℃超えで汗ばむほどに。選手たちは、スティンプ10.5、コンパクション23に仕上げられたコースを堪能した。

女子からスタートした競技は、順調に進行、表彰式は女子と男子それぞれに行われた。

<女子の部>

th_DSC_6073

アウト第1組でスタートした小網つばめ選手(能登G)、アウト4組の尾花恵美子選手(小松)、イン1組の上野杏奈選手(朱鷺の台)の3人がネット69で並び、マッチングスコアカードにより、小網選手が優勝を獲得した。上位5人の入賞者のうち、4人が北陸からの出場者。毎年の中部アンダーハンディで北陸の強さが話題になるが、今年は特に際立った印象だった。

◆◇成績◇◆
優勝 小網つばめ(能登G) G85(44、41)、H16、N69
2位 上野杏奈(朱鷺の台) G81(41、40)、H12、N69
3位 尾花恵美子(小松)  G84(41、43)、H15、N69
4位 吉里志保(三重県連) G89(45、44)、H19、N70
5位 髙澤尚子(朱鷺の台) G91(47、44)、H19、N72
6位 鴻池千夏子(山岡)  G77(37、40)、H5、N72
7位 鈴木裕美(ザ・トラディション)  G86(44、42)、H13、N73
8位 稲荷紀美子(能登G) G91(46、45)、H18、N73
※上記8人に、JGA杯の出場権が与えられた。
※選出は、マッチングスコアカードにより行われた。

<男子の部>

th_DSC_6159

男子はネット63でホールアウトした46歳の寺岡俊昇選手(石川県協)が優勝。2位はネット64の小澤健造選手(新城)、3位にはネット65の小林信雄選手(小松)が入った。アンダーパーのネットスコアが23人と快晴のコースで好スコアをマークした選手が多かったようだ。また男子も入賞5人のうち北陸勢が3人と健闘した。

◆◇成績◇◆
優勝 寺岡俊昇(石川県協) G81(41、40)、H18、N63
2位 小澤健造(新城)   G79(40、39)、H15、N64
3位 小林信雄(小松)   G80(46、34)、H15、N65
4位 窪田健三(加茂)   G77(39、38)、H11、N66
5位 谷村昭彦(ツインフィールズ) G75(38、37)、H8、N67
6位 石川典久(ザ・トラディション)G73(40、33)、H5、N68
7位 森田仁(ライオンズ) G81(41、40)、H13、N68
8位 小澤 正(片山津)  G84(42、42)、H16、N68
※上記8人に、JGA杯の出場権が与えられた。
※選出は、マッチングスコアカードにより行われた。

廣瀬1<インタビュー>

◆◇男子の部

優勝
初の対外競技で、初優勝
寺岡俊昇選手(石川県協) G81(41、40)、H18、N63

th_DSC_6173「難しくて、フェアウェイの狭いコースで、ドライバーがよく、フェアウェイキープができました。アプローチもまあまあで、3パットもなく、全体にとてもうまくいったと思う」。寺岡選手は石川県アンダーハンディで優勝し、今大会に出場したが、対外競技はこれが初めて。ホームとなる金沢CCに入会したのも昨年のことだ。「20代からゴルフはしてましたが、本格的にしようかなと思い始めたのが40歳過ぎ」と言う46歳。「メンバーになって、月例会にも出るようになって、シングルの夢とか、ゴルフに対する姿勢は変わりましたね。といっても、練習をしっかりしてもいないし、楽しんでゴルフができればいいという気持ちは変わりません」。寺岡選手は、初めてづくし、トントン拍子の優勝にどことなく戸惑っている感じだった。

2位
18Hで鮮やかなバーディ
小澤健造選手(新城)   G79(40、39)、H15、N64

DSCN0812インからのスタート、前半最後の18番H(509Y、パー5)で、右ラフからの第3打をピン右30センチにピタリと寄せて、今日ただ一つのバーディを奪取した小澤選手。「出だしでダブルボギー、ボギーと続いて、もうダメかなと思ったんだけど、だんだんと落ち着けた。ドライバーがまずまずでした。これで、JGA杯は3回目の出場になります」と嬉しそう。ゴルフ歴44年の71歳。「まだ、仕事現役ですよ、自営ですが。ゴルフ代を稼がなきゃね(笑い)」。(写真 18番Hでバーディを決めてガッツポーズの小澤選手)

3位
OB3発も、後半こらえて、まとめた
小林信雄選手(小松)   G80(46、34)、H15、N65

「アウトスタートで、OBを3発も打っちゃって、半分諦めかけたけどこ、後半になったら、ブラインドホールが少なくて、全体に力みも取れて来たのかな。よくなって、34で回れた。アウトかインのどちらかでOBで崩れるパターンは多いですけど、入賞できて良かった。初めての日本、です」。ゴルフ歴10年の49歳。真剣にゴルフに取り組むようになってからは3年目の小林選手だった。

◆◇女子の部

優勝
愛娘が見守るグリーンで、「まさかの優勝!」
小網つばめ選手(能登G) G85(44、41)、H16、N69

DSCN0858アウト1組目で朝7時にスタートした小網選手。「前半はティーショットが悪くて、いいあたりは2回くらいしかなくて、トリプルもダブルボギーも叩いてしまい44、後半はアプローチに助けられました。いい感じに2オーバーで進んできて、最後の18番H(448Y、パー5)で3打目が奥のバンカーに入り、そこからうまく出せなくてトリプルにしちゃいました」とちょっぴり残念そうに振り返った。そんな小網選手をグリーンサイドで応援していたのが、愛娘の4歳の蘭ちゃんだった。石川県能美市在住の小網選手は、現在34歳。12年前に「漠然と」ゴルフを始めたのだとか。中部アンダーハンディは5年前の和合大会についで2回目の出場。「まさか、優勝できるとは思わなくて・・・。学生の時は、水泳をしていて、全国大会に出たことはあるけど、ゴルフでは初めての日本。楽しんできます」と、笑顔で帰路についた。ちなみに、小網選手のご主人は、今年、能登Gのクラブチャンピオンになり、来月、三重県の桑名CCで開催される佐々部杯に出場する予定だ。両親のゴルフをいつも見ている蘭ちゃんもいつか、ゴルフに興味を持つのかなあ。(写真/グリーンサイドで応援していた蘭ちゃんと)

2位
数少ない対外競技で、安定プレー。
上野杏奈選手(朱鷺の台) G81(41、40)、H12、N69

DSCN0861マッチングスコアカードで2位。「今日はバーディは1つだけでした。ドライバーは220〜230Yくらい、良かったです。試合はあまり出られないので、今回は朱鷺の台の人たちと一緒に来ました」。上野選手は、朱鷺の台CCでキャディの仕事をしている26歳。高校1年からゴルフを始めていて、中部ジュニアにも出場経験があるという。「ジュニアからしているんで、本当はもっとうまくなくちゃいけないんですけどね(笑)」。(写真 同組で回った選手たちと。右端が上野選手)

3位
「JGA杯にまた出られることになって、嬉しい」。
尾花恵美子選手(小松)  G84(41、43)、H15、N69

th_DSC_4074「ティーショットはブレてましたけど、アプローチがまずまずでした」。マッチングスコアカードで3位。57歳の尾花選手のゴルフ始めは、子育てが落ち着いてきた40歳前。50歳を超えてから競技に参加、北陸でこれまでいろいろな競技に参加してきたが、「近頃は孫の世話とかあって、ゴルフの時間が減ってきてます。週1回は回れるようにはしているんですけどね」。JGA杯は2回目になる。


<会場風景、表彰式等 写真>


男子優勝 寺岡俊昇

男子2位 小澤健造

男子3位 小林信雄

男子4位 窪田健三

男子5位 谷村昭彦

男子6T 石川典久

男子6T 森田 仁

男子6T 小澤 正

女子優勝 小網つばめ

女子2位 上野杏奈

女子3位 尾花恵美子

女子4位 吉里志保

女子5位 髙澤尚子

女子6位 鴻池千夏子

女子7T 鈴木裕美

女子7T 稲荷紀美子

































→List  →競技情報Top