Search cga.jp
HOME 加盟倶楽部 ハンディキャップ ジュニア会員 主催競技 CGAとは

中部ゴルフ連盟

中部アマゴルフ研修会

[アマ研]第2回研修会競技成績/記事

平成30年度(第2回)中部アマゴルフ研修会競技成績表を掲載しました。

--------------------------------------------------------

平成30年度(第2回)中部アマゴルフ研修会競技

開催日/平成30年6月28日(木)
会場/桑名カントリー倶楽部
距離/一般の部7253ヤード  シニアの部6504ヤード ともにPar72
天候/曇り

成績表(一般の部)(PDF)

成績表(シニアの部)(PDF)

梅雨の合間の蒸し暑さは半端なかった!!


会場は、三重県の桑名カントリー倶楽部


batch_DSC02457第2回研修競技会の会場は来月、第48回中部オープンが開催される三重県の桑名CCだった。
コースは通常のアウトインで行われた。ホワイトグリーンが使用され、コンパクションは22、スティンプは9.5に設定された。

この日は曇りとはいえ、湿度がとても高く、肌にまとわりつくような蒸し暑さは、日頃体力に自信のあるアスリートゴルファーにも相当こたえたようで、ホールアウトの選手たちからは「暑すぎた」「湿度が高くて、大変」「歩きはきつい。熱中症対策もせねば」などなど嘆き節。そして、過酷な気象条件は、パフォーマンスにも影響を与えたようだ。

★ルール講習会では、来年から大改訂の新規則の解説。

batch_DSC02486Sbatch_DSC02483
競技の後には、CGA競技委員であり、JGA規則委員でもある内田淳二氏によるルール講習会が行われた。今回はテストではなく、来年2019年1月1日から施行の新しい規則の中から「ドロップ」に関する丁寧な解説がなされた。今後のルール講習会でも新規則に関する講義が行われる予定だ。

◆成績◆敬称略

一般の部

優勝 大山碩済(ライオンズGC) 72=37、35
2位 榊原吉規(知多CC) 73=38、35
3位 水谷友哉(スリーレイクスCC) 74=39、35
3位 酒井進(岐阜北CC)  74=38、36

シニアの部

優勝 新美金之介(愛知CC) 74=38、36
2位 中川喜雅(知多CC)  75=37、38
3位 磯部泰邦(南山CC)  76=38、38

◎各部ともに上位3人(表彰式出席者)にブリヂストンスポーツより副賞が送られた。

★次回、第3回中部アマゴルフ研修会は、2018年8月28日(火)に福井県の芦原ゴルフクラブにて開催予定。

<インタビュー>

優勝 大山碩済選手(ライオンズGC) 72=37、35
batch_DSC02468アウトからのスタートで、前半は9番(386Y、パー4)でボギー、後半は14番(378Y、パー4)でバーディと安定した内容だった。「今日はパーオン率が高かったのと、寄せワンもうまくいきました。バンカーも2回入れたけどどちらもパーで切り抜けられた。全体にいい感じでした」と嬉しそうだった。56歳。

2位 榊原吉規選手(知多CC) 73=38
batch_DSC024644バーディを決めた。「パッティングに不安がありましたが、後半にはきちんと打てた。久しぶりにスコアがまとまった。ようやく復調の兆しが見えてきたかな。」と榊原選手。2日前には日本アマ予選の西日本大会(日本ラインGC)に参加、途中まで2アンダーペースで進んだが最後にOBを出して71としたものの、スランプ脱出に手応えを感じたようだった。

3位 水谷友哉選手(スリーレイクスCC) 74=39、35
batch_DSC02477

シニアの部

優勝 新美金之介選手(愛知CC) 74=38、36
batch_DSC02466シニア組はインからのスタートだった。3バーディ3ボギー1ダブルボギー。「ダボは1番 で左にOB。距離がシニアだから、セカンドを無理せずに打てる。攻めやすいところに落としていけているのもいいかな」。新美選手は、先週の20日、愛知県シニア(緑ヶ丘CCで開催)で優勝したが、その時は、前半のアウトを実に6バーディ30で回り、周りを圧倒した。自身も「カップがバケツに見えた」と次々に決まるロングパットに驚いた様子だったが、「今日はあんな風には入らなかったよ」と苦笑いだった。

2位 中川喜雅(知多CC)  75=37、38
batch_DSC02493

3位 磯部泰邦(南山CC)  76=38、38
batch_DSC02462

→List  →中部アマゴルフ研修会Top