Search cga.jp
HOME 加盟倶楽部 ハンディキャップ ジュニア会員 主催競技 CGAとは

中部ゴルフ連盟

中部アマゴルフ研修会

[アマ研]10/30研修会競技成績表、記事

平成30年度(第4回)中部アマゴルフ研修会競技

開催日/平成30年10月30日(火)

会場/日本ラインゴルフ倶楽部(西コース)

天候/晴れのち曇り

成績表(一般の部)PDF

成績表(シニアの部)PDF


第4回研修競技が終了。一般、シニア合わせて124人が日本ラインGCを堪能



batch_IMG_3676肌寒い天候となった日本ラインゴルフ倶楽部で、第4回中部アマゴルフ研修会競技が行われた。
参加者は一般91人、シニア33人。競技が行われた西コースは、例年、中部日本ゴルフマスターズが開催されている難コースである。この日も10フィートを超えるスピードで素晴らしいグリーンが提供された。

競技の後には、恒例のルール講習会が行われ、CGA規則委員の鈴木文男氏が解説をした。
今回は、暫定球に関する問題で、実際に今年の競技中に裁定された事例でもあり、選手たちは熱心に耳を傾けていた。

batch_DSC05917-cropbatch_DSC05920

batch_DSC05915batch_DSC05908

★星場選手がホールインワンが達成
batch_DSC058975番H(187Y、パー3)で、星場友和選手(朱鷺の台CC)がホールインワンを達成した。ミズノ(MP66)6番アイアンで放ったタイトリストV1Xは、2.5メートルほど手前に落ち、「ツーっと」入った。進行が混んでいて、ギャラリーは多かったそうだ。「人生初のホールインワンです。ドキドキが止まらなくて、その後3ホールくらいは落ち着きませんでした。全体のスコア? よくなかったですよ」と星場選手。ホールインワンを記念して、倶楽部から記念品、さらにこのホールについていたタイ旅行がプレゼントされた。(写真は、同組の選手たち。「同伴者に恵まれました〜〜」)

batch_IMG_3673batch_IMG_3674


★次回の研修競技は、12月7日(金)名古屋ゴルフ倶楽部和合コースで行われる。

<成績>(敬称略)

◆一般/6850ヤード、Par72

優勝 横山浩康(ローモンドCC) 68=35、33
batch_DSC05889-crop前半3つ、後半3つ、実に6バーディを奪った。「今日はショットが曲がらなかったし、パッティングも良かった。アウト、イン共にアンダーが出せたのは収穫。日本ミッドが近いので、いい感じで行けますね」。早くシニアに行きたいと待ち遠しく思っている53歳。

2位 土岐明彦(富士C可児C)  72=35、37
batch_DSC05905s3バーディ3ボギーの内容について、「パットが良かった。実は日本シニアで全く入らなかったんで、今日は軽いピンタイプに変えてきたんだよね。それが思いのほか入った」という土岐選手は56歳、シニア世代だが、中部アマ研では一般の部で腕を磨く。先月開催の日本シニアでは7位入賞の好成績で来年のシード権を獲得した。おめでとうございます。

3位 宮園正則(額田GC)    73=35、38
batch_DSC05909「今日は不調で、おとなしくゴルフしました」と宮園選手。聞けば、先日六甲GCで行われた全国都道府県競技に出場したあと、左足が腫れて、力がうまく入らないとか。「後半の3番でシャンクしてOB、ダブルボギーになったんだけど、そこから火がついたというか、すぐにバーディ、8番でセカンドが入ってイーグル取れました」。無理せずプレーし、ダボもイーグルもあった18ホールに苦笑い、といった様子だった。(写真 右が宮園選手、左は倉田選手)

3位 倉田順一(新城CC)    73=33、40
前半は1バーディ3ボギー1ダブルボギーの40としたクラダ選手だったが、後半のアウトコースで3バーデイノーボギーとし、3位に食い込んだ。「ドライバーは曲がってたけど、後半はグリーンを外したのは1回だったからまずまずでした」。来月は日本ミッドが待っている。


◆シニア/6461ヤード、Par72

優勝 金村正春(中部国際GC)  73=38、35
batch_DSC05901s-crop4バーディ5ボギーだった。「バーディはほとんど7.8ヤードだった。パッティングが良かったですよ、タッチがあってた。一緒に回った選手も頑張ってたので、気合が入りました」。

2位 大橋健一(富士C可児C)  73=37、36
batch_DSC05888-crop2つのバーディのうち、2番Hは左横から12ヤードをチップイン、そして17番Hは左上から15ヤードが見事に決まった。「下りのスライスでしたが、2パットでと思って打ったら、入っちゃいました。そんな長いのが入ったのに、短いバーディパットは決まらず、うまくはいかないね。それに、ここの12番は何回来てもボギーなんだよ。右のバンカーを嫌って手前にしたら残しすぎて風邪もアゲンストで失敗。池もあるホールだからね」。苦手意識のあるホールについて詳しく教えてくれた。

3位 髙橋佐千夫(明世CC)   74=36、38
batch_DSC05893-crop「アイアンがまっすぐ行きました。距離もあってましたね。5つのバーディは5メートルくらいが多く、一つは20センチ、近かったです。リカバリーがうまくいったのも良かった」。60歳の髙橋選手は、ゴルフ歴30年、アマ研でも15年のベテラン。「中部シニアにも毎年出場しているが上位はまだない」。

→List  →中部アマゴルフ研修会Top